SSブログ
前の10件 | -

リスクのある治療は早めが良い? [歯科治療]

医療に限らずリスクがないことはありません。
特に歯科領域は基本的に再生が起こらない場所ですので待っていても自然治癒は見られません。
歯の治療において今の所痛みはないものの早期に処置をすべき場所があったときどうするかは考えておいたほうが良いと思います。
ある程度のリスクは覚悟して状態の改善を目指すのか、もしくはそのまま歯の延命をはかっていくのか?
痛みが出てご本人がいよいよ治療をしよう、なんとなくもう駄目そうだから治療をしようと来院される方はほとんどが期待されるほどの治療効果は起きません。
抜歯になるケースも多々ありますのでリスクがある歯の治療に関しては慎重に決断されることをお勧め致します

乳歯の神経をとると大人の歯は [歯科治療]

むし歯などで神経を取る治療(根管治療)を行うと大人の歯に影響はありませんか?と聞かれます。
神経を取ることで大人の歯(永久歯)の神経が駄目になってしまうなど影響はありません。
そのまま放置すると時期にもよりますが歯の色が変色してしまうこともあるのでお勧めしません。
しかしながら、乳歯は年齢とともに根が溶けて吸収されてしまうので再発率が高いので時期によっては抜歯をすることも視野に入れて処置を行うことが多いです。
一概には言えませんのでかかりつけ医とよく相談し治療を決定することが肝要かと思われます。

虫歯になりやすい食べ物 [歯科学]

もっとも虫歯になりやすい食べ物は飴でしょう。
砂糖が口の中でずっと存在し続けますからリスクは高いと思われます。
その他に酸が強いもの例えば黒酢のようなねっとりとした液体のものも酸によって歯が浸蝕されるので注意が必要です。
お子さんはハイチュウが詰め物が外れる第一位ですので気を付けると良いと思います。

歯石を取って終わりにしていませんか? [歯科治療]

歯周病の治療は時間がかかり何回も治療をしなければならないことが多いです。
歯石を取るだけ(スケーリング)で良いと思われている方も多く歯茎の中の汚れを取る(SRP )意味を見出せないと言われることも多々あります。
歯科治療は建築と例えることが多く、いうなれば柱が腐ってしまっても表面上塗装して見栄えだけ良くすることと同様です。
表面上の汚れを取っても内部で歯周病が進行してしまいますので時間がかかるかと思いますが気長に治療をされることをお勧めいたします

麻酔がきれるまで [歯科治療]

麻酔が切れるまでは飲食はしてもよいですか?と聞かれます。
歯科で使用される麻酔は局所だけしか聞いていませんので絶対にダメではないと思います。
しかしながら、口唇や頬の粘膜が麻痺しているので粘膜を噛みこんでしまい口内炎もしくは咬傷が出来てしまいますので注意が必要です。
また、冷温感覚も鈍っておりますので熱いものを飲んでやけどなどしないようにしてください。

クリーニングは痛い? [歯科治療]

クリーニングで痛い 下手だなどと聞くことがあります。
痛い理由にはいろいろと有りますが歯周病が進んで炎症が強いことが多いです。そのほかに近く過敏症で機会が触れると歯が凍みることもあります。
逆に痛くない理由は歯周病が軽度である、歯茎の上の歯石しか取っていないなどでしょうか?
医療サイドとしては痛くしようとして処置をするのではないのでご本人が痛みに弱いもしくは痛いことがあったので恐怖を感じるのであればその旨を担当医に伝えれば問題ないと思われます。
もちろん、炎症があれば痛みは多少はありますから無痛で治療は難しいと考えます。

虫歯や歯周病に効果的なもの [歯科治療]

虫歯や歯周病にならないようにするにはどうすればよいでしょうか?と聞かれます。
単純明快で1日3回のブラッシングと補助器具の使用および定期的に口腔内の状況を確認を行うことです。
どんなに良い治療でも歯を磨かなければすぐに駄目になってしまいます。
磨いていてもメインテナンスを専門家にしてもらわないとまた歯や歯茎の寿命は縮まります。
また、歯並びが悪い方は矯正もされるとより良いと思います。

歯周病と大腸がん [歯科学]

歯周病の治療が、大腸がんの病態に関連する細菌Fusobacterium nucleatumの動向に影響することを発見という報告です。

フソバクテリウム・ヌクレアタム(Fusobacterium nucleatum)は大腸がんの発生や進行などに関与していると言われています。
また、大腸がんの組織中のフソバクテリウム・ヌクレアタムと口腔内のフソバクテリウム・ヌクレアタムは同一菌種であるようです。
そして口腔内の歯周病治療をした結果、腸内のフソバクテリウム・ヌクレアタムが減少したということです。

回りくどいので結論からすると歯周病治療をしたら大腸がんになったり進行することが少なくなりますということです。
まだまだ、解明されていない部分もあるようなのですべてがわかったわけではないので注意が必要です。

マスク時代の歯科矯正 [歯科治療]

マスクをしているからこの時期に矯正をする方が増えてきているようです。
矯正をするしないにかかわらずマスクをしていると口の中が乾燥しやすいので前歯にプラーク(歯垢)が溜まりやすいです。
そうなると歯肉炎や虫歯になってしまいますから注意が必要です。

患者の抱え込み [歯科治療]

一昔前は治療は全部近所の歯医者で治療していることが多かったと思います。
特に大学病院など大きなところへ紹介状を書きますなんて大病ではないかと思われるかとも多いのではないでしょうか?
しかしながら、昨今歯科の分野でも専門性が出てきていますのですべてを一人で網羅することは不可能に近いです。ですので昔のように患者さんを抱え込んでもお互いに時間と費用が無駄になってしまうのではないでしょうか?
ただ、この歯医者で嫌われた、治療してもらえないおよび藪医者だなどと言われることがごく稀にあるので難しいところです。

前の10件 | -