SSブログ
歯科機器 ブログトップ
前の10件 | -

補助ブラシ?、補助器具? [歯科機器]

補助器具などとよばれているもので代表的なものは

①歯間ブラシ
②フロス(糸ようじ)

が挙げられます。

なじみが無いのでなんでもよいのではないかと思われる方も多いです。
しかしながら、日本では規格化されていないようなのでメーカーによりサイズの種類、大きさ、長さなど多種多様です。
特に、歯間ブラシは千差万別でメーカーにより誤差が非常に大きいです。
また、当院ではよくお勧めするサイズ4Sという非常に小さな歯間ブラシを見ないので適当に購入され歯間ブラシが入らないということも多いです。
もし、購入する機会があれば大きさなど確認されることをお勧めいたします

最近良いと思っている歯ブラシ [歯科機器]

最近、使い方によって非常に良いと思う歯ブラシ(タフトブラシですが)を紹介いたします。
s9uPOBSWT9qn.jpg
こちらです。
先端が非常に細くしなやかなので歯茎が弱い方もしくは奥歯の歯と歯茎の間に汚れを取りずらい方にお勧めです。
難点は一か月もしないうちにこしがなくなってしまうことと値段がちょっとお高めであることです。
皆さんが誰でもお勧めという訳ではありませんので気になるようならお近くの歯科医院で歯ブラシを処方してもらっても良いかもしれません。

ファーケーション プローブ [歯科機器]

これはファーケーションプローブと言って
奥歯の歯周病が進行した時に用いる検査棒です。
あまり、一般的ではないかもしれませんがこれが無いと歯周病の診断に大きな差が出てくるので非常に重要な機器です。


481DABB9-3370-43E6-BE7D-1EE221E9E5EA.jpg

見えない歯石を取るために必須なもの [歯科機器]

D9F21AD1-9425-4D70-9FDB-74D8A0325FD7.jpg
こういったブログは同業者がよく見て真似されると知人に言われるのですが真似していただけるだけありがたいと思っておりますしこれで地域の医療水準が少しでも向上すればなにも問題ないと思います。
当院だけの秘密などというものはありませんし技術、知識などは広く拡散したほうが医療においても良い結果が生まれると思っているので何か良い機器、術式などがあれば全て公開していこうと思っています。
それはさておき、今回はプローブより細くしなやか探針(エキスプローラー)です。
これは歯周ポケットのなかの歯石の付着状況を確認するのにとても便利で取り残しが無くなります。
勿論、手用スケーラーはホワイトラインがない切れ味が良い状態でSRP をした場合です。
鈍で研げていないものでSRPした後探針を使用しても歯石の角をつぶしてしまうだけなので効果はかなり下がります

ダイヤモンドピンセット [歯科機器]

ダイヤモンドピンセットとは字のごとくピンセットにダイヤモンド砥粒が電着されているものです。
一般の方もプラモデルや鉄道模型など精密な部分に使用することがありそういう方には知られております。
では、歯科治療でどう使用するのかというと銀の詰め物であったり口の中に絶対落としてはいけないものをはめたりするときに使用しております。

 [歯科機器]

歯医者では柄がついた鏡が用いられますが種類が2種類あるのをご存知でしょうか?
大きさではなく鏡の写り方なんです。左下の鏡に映った歯ブラシはよく見ると2重に見えませんか?これは虚像で鏡の表面の反射と奥の銀鍍金の反射の違いによるものです。一般的な鏡がこれにあたります。
一方右下の歯ブラシはクッキリとしてぼやけているところがありません。これは虚像が見えない特殊な鏡で細かい歯科治療では必須です。当院では、ほぼこの鏡を使用しております。なぜなら治療技術の向上は当然ですがこのような道具の進歩にも追いついていくべきであると考えます。

続きを読む


nice!(1) 
共通テーマ:健康

機械II [歯科機器]

こちらの機械は神経(根)の治療に必須の機械です(当院においては)。こちらは微弱の電流を歯牙にあてることにより神経の状態を計測できる機器で神経の治療が必要かどうか診断することに特化しています。
しかしながら、ペースメーカーをご使用の方は誤作動を引き起こす可能性も指摘されておりますので診療前に申告していただけると幸いです。pulp-tester_img_01.jpg

院内の機械 [歯科機器]

何だと思いますか?

同業者の歯科医師でもわかる方はほとんどいないと思われます。



正解はタービン、コントラ(歯を削る機械)および超音波スケーラー(歯石を取る機械)のチェックする道具です。

ようやく最近、歯科の機器の滅菌をするようになった医院の割合が増えてきているようです。

勿論、当院は医療機関では当たり前と思っておりましたので(敢えてホームページ等広告のようなことは致しませんでしたが)開業当初より機器の滅菌をしております。

滅菌を行うと内部の機械が消耗するため回転数などが落ちてしまい治療の時間と質も落ちます。

このような事が起こらないように定期的に機器の計測を行い少しでも悪いところがあればパーツ交換などを行い機械が最良の状態を維持しております。
image.png
nice!(0)  コメント(0) 

院内の機械 [歯科機器]

image.png何だと思いますか?
同業者の歯科医師でもわかる方はほとんどいないと思われます。
正解はタービン、コントラ(歯を削る機械)および超音波スケーラー(歯石を取る機械)のチェックする道具です。
ようやく最近、歯科の機器の滅菌をするようになった医院の割合が増えてきているようです。
勿論、当院は医療機関では当たり前と思っておりましたので(敢えてホームページ等広告のようなことは致しませんでしたが)開業当初より機器の滅菌をしております。
滅菌を行うと内部の機械が消耗するため回転数などが落ちてしまい治療の時間と質も落ちます。
このような事が起こらないように定期的に機器の計測を行い少しでも悪いところがあればパーツ交換などを行い機械が最良の状態を維持しております。

プラークチェックには [歯科機器]

歯垢(プラーク)、所謂磨き残しは白いため一般の方が見てもどこにあるかわかりません。
主にお子さんの虫歯予防の為、磨き残しのチェックに使用されているものです。
しかしながら大人が使用しても意味がないかというと大変重要になってきます。学生時代は虫歯にならないように磨く方法しか習っていないので歯周病のリスクが大きくなる成人後には今度は歯周病予防の為にブラッシングが必要です。歯科医院では磨き方を習うこともあると思いますがセルフケアの観点からすると歯垢を染め出す薬品を用いて今一度ご自身のブラッシング状況を確認しいただけると幸いです。
8016431.jpg
前の10件 | - 歯科機器 ブログトップ