SSブログ

意外と知られていない歯の痛みの原因 [歯科治療]

入れ歯の方で医院で噛み合わせを見ると問題ないのに食事が食べられないという方がいらっしゃいます。
歯医者が下手くそなんだということもあるかもしれませんが意外と姿勢と関係していることも多いのです。
猫背の方はかみ合わせが通常と違う位置に来てしまうので歯医者の椅子では姿勢が良いため問題が見られないことが往々にしてあります。
心当たりがあるご自身もしくはご家族などに指摘されると改善することもありますので一度試してみては如何でしょうか?

SRPってなに? [歯科治療]

SRPって単語 歯医者さんで耳にしたことがあるんじゃないかと思います。

S(スケーリング) 
R(ルート) 
P(プレーニング)

という言葉が短縮されたものです。

歯茎の中の汚れをとりますというのが該当します。
歯は骨とくっついています(厳密にいうと違うのですが)ので汚れを取るときに音が骨伝導で響きます。
ちょっと怖かったという方もいらっしゃいますが皆さん終わった後はすっきりしたという方が多いです。



歯根破折 [歯科治療]

前回のセメント質剥離に続き、歯軋り、喰いしばりが原因でおこる最たるものです。
ほとんどの方が神経を取っている歯に起こりほぼ100%歯を抜くことになります。
治療方法はありません。
皆さんの見解ですと虫歯>歯周病(歯槽膿漏)>噛み合わせの異常
となりますが

個人的には 歯周病(歯槽膿漏)>嚙み合わせの異常≒虫歯 

なので結構重要であると思います。
あの時マウスピースなど対策をしておけばよかったと言われる方がほとんどですのでお気をつけください。

セメント質剥離 [歯科治療]

マスクのせいで噛みしめが強くなっているせいか歯茎にできものが出来る方が多いです。
一般的なできものは歯の根に膿が溜まっているものが多いのですが厄介なのがタイトル通りセメント質剥離と呼ばれるものです。
喰いしばりすぎてしまい歯の根の表面の薄皮がはがれてしまいそこから炎症がおこるものです。
一般的な処置は歯茎を開いて中の掃除だけですがよりよく治すには骨の再生する薬を塗布すると良いと言われています。
まずはマウスピースなどでそうならないようにするのが一番だとは思いますが…。

年が明けて [そのほか]

歯医者の予約を忘れてしまったなんて言う方が多いこの時期です。
まあ、はっきり言うと歯医者なんて出来たら行きたくないですから、そのまま痛くないからズルズル延ばしてしまうことが多いです。
痛くなった時はかなり重症化していることが多いのでもし心当たりがあるようでしたら早めにかかりつけ医に連絡を取られたほうが良いかもしれません

市販の歯間ブラシでサイズはあっていますか? [歯科治療]

歯間ブラシを勧めることが良くあります。
大きく隙間が空いた方なら問題ないのですがパッと見た感じ歯茎の隙間が無い方にも勧めます。
当院では4Sという一番小さいサイズでまずしてもらいます。
これで歯間ブラシを使いこなせないとなかなか大きいサイズは難しいと思われます。
最初から大きなサイズを使ってしまうと歯茎が落ちてしまったり傷つけてしまうことが多いので注意が必要です。一度下がった歯茎は戻りませんから気をつけてください。
さて、タイトル通り市販では4Sというサイズはあまり見かけないので間違っても大きさサイズを使わないようにお願い致します。

痛みだけとる治療(対症療法)の危険性 [歯科治療]

年末で急な歯(歯茎)の痛みが出てしまうことも多い時期です。
まずは急性症状(痛み)を取るのは重要ですがその後痛くないので来院されない方も多いと思います。
ただ、もともとの原発巣の治療をしていないので症状が気づかずに進行してしまうことも多いのです。
年内は応急処置だけでもよいのではないかと思います。
その後、年明けからはこれを機に悪いところを治療していくのも良いかもしれません。

両輪が必要です。 [歯科治療]

両輪とは

① 治療 
② ブラッシング

の2つが大きく歯科治療には必要です。

やはり医療はどんな方も上手に治療をしてもらいたいと思うものです。
しかしながら、どれほど治療が良くとも家庭でのメンテナンス(ブラッシング)で長期的に見ていくと大きな差となって表れてきます。
大袈裟な表現でいえばどんな名医で処置を受けようとも歯ブラシを全くしなかったらあっという間に虫歯になってしまいます。

また、家庭でのメンテナンスにも限界があり定期的に歯石などを歯科医院で取るとより、良い状態が維持できます。

妊娠と歯周病② [歯科治療]

だんだんと寒くなってきました。
明日から12月師走ですね。年末は歯科医院にかかられる方が多い時期です。
今の情勢では急患でもなかなか対応が難しくなりますので少しでも気になることがありましたら早めにかかりつけ医に受診されることをお勧めいたします。
さて本題に入ります。前々回に妊娠中に歯周病が悪化しやすいと書きましたがこれがすすむとどうなるかというところまででした。
歯周病が悪化するということは炎症が長期間体にダメージを与えます。
そのことが原因で早産と低胎児の出産が起こりやすいということがあります。
自分だけなら我慢しますという方がおられますがお子さんにもデメリットがあることですので妊娠中(時期はありますが)もこまめなメンテナンスにいかれては如何でしょうか。

外傷 口あたりを怪我した時 [歯科治療]

年末が近くなりあわただしい今日この頃です。
そういった時に転んでしまって前歯(顔面)を打ってしまった。
ということはよくあります。
あまりありませんが、出血が噴水のように出ている場合は動脈を切ってしまっている可能性が高いので救急車の方が良いかと思います。
出血があまりない場合は口腔外科でみてもらっても良いと思います。しかしながら本人が気づかない場合もありますが骨折(ひび)がある場合もありますので一度大きな病院で診てもらっても良いかもしれません。
上記のことは個人的意見です。骨折を診断できる装置を持っている、動脈が切れていても対応可能という歯科医院もたくさんありますからまずはかかりつけ医にご相談してみては如何でしょう?